読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日で忘れる僕の備忘録

全く記憶できない私。なんでもメモする私。Evernote使ってるけどメモが増えすぎて何がどこにあるかわからない。なのではてブロを使うことにしました。

iPhone6のフロント(液晶)パネルをAmazon購入し格安で修理!

ガジェット

f:id:wasurenboubibouroku:20170324065256j:plain

 
フロントガラスが割れ、iPhone本体も曲がり悲惨な状態で
役1ヶ月、テープを貼り騙し騙し使ってましたが!
 
もうiPhone6たん限界だじょ。笑
 
テープも貼っているせいか、タッチパネルがなかなか反応してくれないのでだんだんイライラが溜まってきたり…
 
でも、このiPhone6は粘り強く生きているんです。
頑張ってるiPhone6たんのためにもどうにかして、以前みたいに生き返らせたいと思います。(A◯が見づらくなってきたので…)
 
このiPhone6のフロントパネルを修理するには三つの選択肢があります。
 
  1. 保証パックで修理する。(3/24現在 保証に未加入の場合は33800円!加入の場合14800円)Appleで金額を確認をしたい人はこちら
  2. Appleではない非正規店で修理する。
  3. 自分でフロントパネルを購入して修理する。(3259円
 
iPhoneの画面が割れて修理する選択肢はこの三つしかありません。
 
1の保証で修理するのは、確かにフロントパネルが高品質で安心できますが、値段が高すぎて笑えない。
また、フロントパネルを割ったことを考えると金額が絶望すぎて論外となりました。
 
2のAppleではない非正規店で修理ですが、正直誰にでもできるからわざわざ持っていく意味がわからいので却下。フロントパネルの品質もAmazonで販売しているのとあんまり変わらないです。
 
3自分でフロントパネルを購入して修理することが一番最安値となり、また不注意で割ったことのことを考えると一番コスパが良いので今回これに決めました。
 
なので、今回はiPhone6のフロントパネル修理に関することを説明していきたいと思います。
iPhone6のフロントパネルをどこで購入していいかわからない。」
iPhone6のフロントパネルを購入したけど交換仕方がわからない。」という人は、是非この記事を参考にしてみてください。
 
フロントパネルの修理の結果になるのですが、iPhone6のフロントパネルは、ほぼ完璧に元どおりになりました。
そして、iPhone6の本体が変形してたのも少し直すことに成功しました。
 

iPhoneフロントパネル交換で購入するものについて

 
iPhoneフロントパネル修理で購入したのはたった一つだけになり金額は3259円で格安です。
 
私が購入したのはAmazonでベストセラー1位の商品となっていますのである程度安心できます。
実際に私が修理してiPhone6を問題なく使えていますので!
現在では、iPhone7が新しく出たこともあり8680円から3259円となっています。
 
Amazonで見てみる
 
正直どれを購入したらいいのか迷っている人は多いのではないでしょうか。
iPhoneの液晶部分になりますので、低品質を購入してミスったりしたくないものです。
 
私も慎重にカスタマーレビューを見て商品を探していました。
 
レビューを見ていくと液晶部分で自分で交換するものになりますので、
全てのレビューが高評価ばかりではありませんでした。
 
また、レビューを見ていくと明らかに同業者の仕業の評価あったのでどれを信じたらいいのかわからず決めることができませんでしたので
価格が安く人気の商品を購入しました。ちなみにベストセラー1位の商品になりますのである程度の信用はあります。
 
Appleの正規店だとで交換するとなると33800円となりますので、自分で交換するとなりと10回まで割ってもいいことになりますので気が楽ですよね。笑
 
では早速iPhone6のフロントパネルを交換していきましょう。
 

フロントパネル交換/修理を画像で説明!

 
iPhoneのフロントパネル修理に取り掛かる前に、この記事を一通り読んで貰えるとスムーズに進めると思います。
 
なので、「こーゆー細かいのは苦手!」「自分一人でやって行くのは不安だ!」という人は、やり方を覚えた状態にしておくといいでしょう。

それではiPhone6のフロントパネル修理/交換の解説をやっていきたいと思います。

iPhone6フロントパネル修理に取り掛かる前にやることについて

iPhoneのバックアップ

私は、めんどくさかったのでiPhone6のバックアップはやってませんが、
 
データが確実に消えたくないと思っている方は修理前にバックアップをお勧めします。
 
バックアップをお勧めしましたが、修理でデータが消えることはありませんので安心してください。あくまでも、念のためにiPhoneのバックアップをとっておくのもいいでしょう。
 
私のように、大切なデータが入ってない方は、バックアップはいらないかなw
 
 2 iPhoneのタッチIDをオフにする
バックアップが終わった人、バックアップをしない人が次にやることは
 
iPhoneのタッチIDをオフにします。

「設定」→「Touch IDパスコード」の手順で「iPhoneのロックを解除」をします。


次に、作業に取り掛かる前に、iPhoneの電源をOFFにしてください。

もし電源をOFFらないで作業をやってしまうと、本体に悪影響を与える可能性がありますので。
 
3 iPhoneを分解するときにネジを無くさないようにテープに貼りわかるように!
iPhoneを分解する際にネジが出てきますので、どこかにいって無くさないようにするためににテープなどで順番通りに下の画像に並べて行くのがいいと思います。
 
ビニールテープなどで部位ごとに数字を書いて保存するのもいいかしれませんね。

f:id:wasurenboubibouroku:20170324085237p:plain

 
4 simカードを取外す
念のためにsimカードを傷つけないために付属品でsimカードを抜きましょう
simカードを抜くことが完了しましたら、カバーを戻し次の作業に入りましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170324090459p:plain

 

iPhoneフロントパネル交換

 

ここから、iPhone6の分解に入っていきます。

まず、iPhoneの下の部分にあたるイヤホン、スピーカー、充電器を刺す近くにあるネジを専用の星型ドライバーで星型ネジを外します。

ライトニングケーブルを差し込む両端にある二つの星型ネジを外します。
場所がわかりにくい方は、画像を見て確認してください。

f:id:wasurenboubibouroku:20170324091359p:plain





 
フロントパネルを外していくのですが、画面シールをつけっぱなしだと、
フロントパネルが取れにくいことがありますので剥がしておきましょう
※ひび割れが酷い場合はつけておくといい時もあります。

フロントパネルが割れている場合だと怪我をしてしまうことがありますので注意してください。
ちなみに管理人は、ちょっとだけ血が出ましたw

f:id:wasurenboubibouroku:20170324092224p:plain






画面シールを剥がすことができましたら、購入した中に吸盤が入っていますので、
フロントパネルの下部の方にくっつけます

吸盤が吸着してないとフロントパネルを持ち上げらませんので、
ちゃんと吸盤がフロントパネルに吸着しているか確認しておきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325012214p:plain



 
 

吸盤をしっかりとつけることができましたら、
iPhoneのフロントパネル上部にあるカメラを軸にしてフロントパネルを持ち上げてください。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325012540p:plain






フロントパネルを少しでもいいので持ち上げることに成功しましたら、
フロントパネルとiPhone本体の隙間に青い棒を差し込みます。

隙間に差し込むことができましたら、周りから取り外していきます。

ここで注意することは、勢いよく外してしまわないことです。
フロントパネルの上部には、液晶画面おケーブルなどがあり切断してしまう可能性があります。

なので、フロントパネルの下部から側面に沿ってゆっくり無理なく開けていきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325012929p:plain






フロントパネルを持ち上げる際に、私のように電源ボタンを押さないように気をつけましょうw
間違えて電源をつけてしまった画像↓↓

f:id:wasurenboubibouroku:20170325013153p:plain

 
 
 
 

フロントパネルを上部以外だいたい持ち上げることに成功しましたら

f:id:wasurenboubibouroku:20170325013437p:plain


フロントパネルが直角になるように持ち上げます。

持ち上げる際には、上部にツメがありますので、
手前にフロントパネルを下げ外すとスムーズにいきます
先ほども説明したように、フロントパネルの上部には大切なケーブルがありますので注意しながらしましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325013641p:plain






フロントパネルを直角に開くことができましたら、
ケーブルを固定している固定板のネジを外していきます。

固定板の外すためには、下の画像にある5つのネジを外すことが必要なので外していきましょう。

そして、固定板のネジの大きさは異なりますので、覚えておくようにしておきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325014422p:plain






固定板のネジを外しましたら、下の画像のように
固定板を取り外し保管します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325015108p:plain




 

固定板に固定されていた4つのコネクタをリアパネル(フロントパネルの下のパネル)から外していきます。
コネクタを、上から順(画像の①から④)に外していきます。

この作業をしている途中に「どこの部分にヘラを入れたらいいの?」と戸惑いました。
私と同じように迷った方は、取り外した画像を掲載していますので、
取り外した画像を見て、「コネクタの下の部分から外す」イメージでやってみてください。
思ったより取り外すのが硬かったので、基盤を破損しないように丁寧にやってくださいね。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325020621p:plain




 

4つのコネクタを取り外すことができたら
リアパネル(iPhone本体)から、フロントパネルを完全に分離できるようになります。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325021014p:plain






完全に分離することができましたら、
私のようにiPhoneが曲がって場合は、力技で少し元どおりにすることができます。

もともとiPhone6は薄くできており、
後ろポケットに入れて座ってしまうと曲がってしまうということがありますよね。

逆に言えば、薄くできているiPhone6も戻すことも頑張れば可能なんです。笑
これは完全に自己責任でやってくださいねw

しかし、私が実際に慎重にやって見ましたが、かなりの力が必要だと思いました。
iPhoneを少しだけ、変形したのを直すことに成功しました。

ここまで行くのに、結構頑張りました。
でも、戻す際にフレームが変形してしまって、フロントパネルがうまくはまらないことがあるかもしれないので注意しながらやってみてくださいね。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325030049p:plain





 
新しく購入したフロントパネルには、ホームボタンは付属していません。
なので、壊れたフロントパネルからホームボタンを取り外していきます。
ホームボタンを取り外す時に、取り外すネジの数は二個です。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325030458p:plain




 

プレートを外しましたら保管し、
破損しないように接続されているコネクタを外します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325031024p:plain







下の画像のようにフロントパネルの表から裏に押し出すようにして取り外してください。
思ってたよりホームボタンがフロントパネルに、しっかりと粘着していますのでゆっくり取り外してください。
簡単に取り外したいのであれば、ドライヤーで30秒くらい温めるのもいいかもしれません。
私は、ドライヤーなしでホームボタンを外しました。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325031853p:plain



 
 

まだこの状態ではホームボタンは完全に取り外しできていないので、残りのフロントパネルに粘着している部分を青い棒で剥がしていきます。
意外と取れにくいので断線しないように慎重に剥がしていきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325032429p:plain






これでやっとフロントパネルからホームボタンを完全に分離することができます。
ホームボタンの接着面に、割れたガラスの破片があるのであれば、掃除して綺麗にしておきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325032642p:plain







iPhone6の上部にあるフロントカメラ、イヤースピーカも、購入したフロントパネルに付属していないので、
割れたフロントパネルの再利用となります。
まずは、フロントカメラを取り外すためには、三つのネジを外します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325033650p:plain




 

三つのネジを外しましたら、プレートを外し保管してください。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325040544p:plain




 

フロントカメラのプレートを外すとイヤースピーカーが出てきます。
露出している部分のイヤースピーカーを外して保管します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325040903p:plain




 

イヤースピーカーを外しましたら
フロントカメラを外していきます。

ちょっと画像じゃ少し分かりづらいですが、
矢印のところからフロントカメラを外していきます。
ケーブルの断線には気をつけていきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325041234p:plain






上部のセンサーが取れましたら、
接続されているフロントカメラのコネクタを外していきます。

両面テープでくっつけてあるので、意外と取れにくですので無理なく外してきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325041521p:plain




 

フロントパネル裏の上部のコネクタを取り外すことができましたら、
完全に分離できるようになってますので、取り外したフロントカメラ等を保管します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325041658p:plain






壊れているフロントパネルから、
カメラ等を固定している透明のリングステーを剥がし保管します
取り外す際に、どこかに飛んでいってしまう可能性があるので、抑えなが外すといいでしょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325041917p:plain






iPhoneのフロントパネルの裏の部分にある銀色のバック(メタル)プレートを外していきます。
フロントパネルに固定しているネジを7つのネジを外していきます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325042512p:plain







バック(メタル)プレートにあるケーブルをフロントパネルから慎重に取り外し保管します。
コネクタ、ケーブル付近にくっついてる箇所は青い棒で剥がしていきましょう。
無理にケーブルをはがそうとすると断線する可能性があります。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325042903p:plain




 
 

ケーブルを剥がすことができましたら、バックプレートが綺麗に取れますので保管します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325043024p:plain






 

やっと、ここまでくると折り返し地点にり、取り外してきた部品を購入したフロントパネルに付け直す作業になります。
今までの作業を遡っていくことになります。

一旦、ガラスの破片などある方は掃除し、休憩を入れるのもいいでしょう。




ここから気を取り直して、購入したフロントパネルにパーツを付け直していきます。
まずは購入したフロントパネルの裏に赤いフィルムが付いていますので剥がしておきましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325043421p:plain








そして、先ほど取り外したバック(メタル)パネルをはめ込んでいいきます。

ここでなんですが、私はすっかり忘れていたのですが、
画像にあるケーブルを挟むような感じで、バック(メタル)パネルをはめ込んでいきます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325043611p:plain







フロントカメラのパーツをつけていきますが、逆再生になりますので、
画像のように突起物に、ケーブルの穴に合わせてはめ込んで元に戻します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325043821p:plain





 

次にセンサー部分をはめ込んでいきます。
画像にあるマークのところになります。

①の部分は画像では分かりぬくいと思いますが、
バリが上になっています。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325044230p:plain




 
 

この二つの部分を戻すことができましたら、
保管していたイヤースピーカーを銀色部分を上にして戻していきます。
イヤースピーカーを戻す際には、ネジ穴に合わせてはめ込んでいきます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325044527p:plain





 

ここまできましたら、フロントカメラを元の位置に戻していきます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325044646p:plain






このようにフロントカメラが収まりましたら
プレートをはめ込み、プレートで抑えてください。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325051326p:plain





 

プレートを抑えることができましたら、
ネジをはめていくのですが、三つのネジがうまくハマりにくいので、仮止め(緩め)でネジを止めていきます。

仮止めする理由としては、カメラの位置を修正できることができるからです。
フロントパネルを表にして、フロントカメラの位置を確認しましょう。
もし、フロントカメラの位置がずれていましたら、付属しているドライバーで元の位置に戻してあげましょう。

そして、仮止めしていたネジを締めていきましょう。
私は、最初っから仮止めせず止めてしまったので、ミスしないように気をつけましょう。笑

f:id:wasurenboubibouroku:20170325051656p:plain







次に、ホームボタンを設置していきます。

ホームボタンを設置する前に、バック(メタル)パネルの下部にある
ケーブル(コネクタ)を元の位置に貼り付けます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325051855p:plain





 

コネクタを元に戻しましたら
ケーブルが左側に来るようにホームボタンを貼り付けていきます。
そして、白い突起部分にケーブルの穴を合わせ貼り付けていきます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325052143p:plain







ケーブルを貼り付けましたら。
ホームボンタンのコネクタとバック(メタル)パネルのコネクタを接続します。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325052254p:plain







ホームボタンのコネクタがはまりましたら、
ホームボタンのプレートを被せネジで止めていきます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325052419p:plain





 

ホームボタンのネジを止めましたら
フロントパネルを表にして、クリック感が正常か確認してみましょう。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325052511p:plain




 
 

これでやっと、部品達を新しいフロントパネルにつけることが成功しました。

これから、iPhone本体にフロントパネルを装着していきます。
外した時と同様に、下の画像のような向きにします。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325052637p:plain




 
 


ケーブルを装着する順番ですが、
皆さんも、正直覚えていないんじゃないかと思います。
画像で説明したいのですが、ケーブルが重なって見えづらいと思いますの説明していきたいと思います。

まず、本体とフロントパネルのコネクタのサイズを確認します。
どれもサイズがバラバラなので、どこに接続するのか想像がつくと思います。

そして、本体の上部から装着するのでコネクタのサイズに合わせ順番を変えていき、コネクタを接続していきます。
後、フロントパネルを起こしながらつけていくと付けやすいと思います。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325053305p:plain







4つのケーブルがきちんと接続しているのが確認できましたら
プレートを装着し6つのネジで止めていきます。

f:id:wasurenboubibouroku:20170325053803p:plain






最後に上部のツメを合わせながらフロントパネルをはめ込んでいき、
ライトニングケーブルの両端に星型のネジを戻しましたら完成です。

 

起動確認について

たまに画面のちらつき等ができる場合がありますが、
一日くらい使用すると改善されるらしいです。

起動が確認されましたら、タッチが効くか確認してみてください。

これでiPhoneのフロントパネル修理の完成です。

 
 

iPhone6のフロント(液晶)パネルをAmazon購入し修理!格安修理! 記事まとめ

 
 
Amazonでベストセラー1位の商品ということもあり、私が思っていたより品質もよくとても満足できました。
 
私が、作業をやっていく過程で難しいなと思ったとことはフロントカメラですかね。
 
そしてコネクターには順番があるので注意しないといけませんが結構忘れてしまいますよね。私は、写真を撮りながら作業をやっていましたので、なん度も見直すしてました。
 
まぁ時間を計ってやってましたが、
45分くらいできたので、もし不良品に当たっても、2回目だしすぐできるんじゃないかなと思いますw
 
作業自体あんまりすることないし、iPhoneのフロントパネル修理ちょろすぎですw
これで、Appleの正規店は三万かかると思うとボッタすぎるわwww
もう少し安くしてくれると助かるのに…
 
また、友達でも、よく割れているiPhoneを使っている人がいますが、
安く修理できますので、オススメしてみてはどうでしょうか。
 
今回はフロントパネル交換でしたが、ガラスだけの交換だと、もっと安くできると思います。
しかし、作業工程も確実に増えますので失敗する確率が大きくなるでしょう。
 
フロントパネルキットを購入するのが一番いいんじゃないかと思います。
私はガラス交換はやったことがないので、はっきりしたことは言えませんが…

MacにBootCampを使ってWindows10をインストール!画像で説明します。

シリウス

最近暇でSIRIUS・シリウスでサイトを作成したくなり))

Windowsのパソコンでカタカタ作成していました。

 

しかし私はMacユーザーでいつもiMacを使っています。

なので私からするとWindowsが嫌で。パソコンぶっ壊したくなる結構リアルに。

 

絶対にWindowsを悪く言ってるのではありませんから(^ ^)ボソォ

特に、ボクアタマワルイカラリカイデキナイ。

まじで馬鹿なんで…文章も読みづらいと思うので許してくださいね。

 

Windowsのパソコンの使い方がわからないなら、少しずつ勉強して慣れれば問題ないのですが、

 

Windowsのパソコンで使っているモニターせいで(中古でゲットンしたLGのやつ)めっちゃ目が疲れる…

本当に疲れる…目が疲れてだんだんやる気がなくなってしまいそうだったです。

 

そこで考え、思いついたのがApple純正品のモニターを購入するか、iMacと同じようなモニターを購入するか、Boot Campを使ってWindowsのOSをiMacに入れるかです。

 

Apple純正品のモニターくっそ高いので論外ですw

純正品じゃなくても良いモニターを購入するには、結構お金がかかる…(;´д`)そんな大金持ってないよ

この貧乏にからするとまじキツい…そんな大金でモニター買うぐらいなら(風◯行きたいんごねぇ)

 

てことで、風◯行きたいんでイキたいんで(笑)

一番安いBoot Campを使ってiMacWindowsのOSを入れることにしました。

 

今回はBoot Campを使ってMacWindowsのOSを入れるために必要なもの

準備しておくものインストールの仕方を画像を使って説明して行きたいと思います。

 

私は文章を書くのが苦手なので、記録として、写真・スクショを撮ったので、それに従って行えば無事にWindows10をMacに入れることができます。では早速、MacにWindows10のOSを入れていきましょう。

 

MacにWindows10のOSを入れるために必要な物について

 

  1. 5GB以上のUSBメモリ…インストールし終わったらデータは消しても大丈夫です!

    wasurenboubibouroku.hateblo.jp

  2. CD/DVDドライブ…私は、Appleの純正品を持っていたのでよかったのですが(購入して3年くらいになるけど1回くらいしか使用したことない泣)持っていない方はAppleの純正品じゃなくても大丈夫なので安く購入しましょう。ちなみに2000〜3000円ぐらいで販売されています。持っていない方は、わざわざ、高いお金を出してまでAppleの純正品を買わなくてもいいと思います。CD/DVDをAmazon楽天で検索して見ましたらMacでも使えるドライブがAmazonで2672円で販売されていました。外付記録型DVDドライブのカテゴリでベストセラー1位でしたので安心して安く使えるでしょう。

    ≫Amazonで検索してみる

    ≫楽天で検索してみる

    f:id:wasurenboubibouroku:20161022085304p:plain

  3. Microsoft Windows10 Home Premium 64bit 日本語 DSP版…私はAmazonが安かったのでAmazonでポチってみました。Amazonで購入すると30%オフになり価格は12,747円です。

    ≫Microsoft Windows10 Home Premium 64bit 日本語 DSP版をAmazonで検索してみる

    f:id:wasurenboubibouroku:20161022092757p:plain

 MacWindowsのOSを入れるために、まず最初にISOイメージを作成

今回私は、iMacにWindows10のOSを入れました。これからMacWindowsを入れようと思っている方に参考になればと思っています。

 

 

まず、MacにCD/DVDドライブを接続しましょう。

 

私は、Appleの純正品なので下の写真のようになりました。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022085304p:plain

 

送付されていたインストールディスクをCD/DVDドライブに入れます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022094807p:plain

 

 Windowsインストールディスクの挿入しディスクを読み込んだら、

Finderを開きアプリケーションを選択してクリックします。

そうするとアプリケーションのフォルダ内にユーティリティがありますのでクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022095554p:plain

 

ユーティリティをクリックするとユーティリティのフォルダ内に

ディスクユーティリティがありますのでディスクユーティリティをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022095838p:plain

 

ディスクユーティリティを開くと、下のような画面になります。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022100239p:plain

 

このような画面が出たら、一番左上にあるAppleマークから三番目の「ファイル」を選択し

新規イメージをからCCSA…をクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022104558p:plain

 

CCSA…をクリックすると下の画像のように表示され、

・名前

・タグ

・場所

を入力・選択できる画面が表示されます。私は画像のように選択しました。名前はなんでも大丈夫です。DVD/CDマスターを選択し、保存をクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022104955p:plain

 

このように設定し終わったら、下の画像のように表示され、ディスクイメージを作成中と表示されます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022105201p:plain

 

 ディスクイメージ作成が終わると、操作が完了しましたと表示されます。完了するまでに時間はそんなにかかんなかったです。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022105418p:plain

 

私はデスクトップに保存しましたので、デスクトップにこのように表示されました。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022105716p:plain

 

 .cdrのままではいけないので.isoに拡張子を変更します。

変更の仕方は、Windows.cdrを右クリックをし、名前を変更を選択します。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022110033p:plain

 

名前の変更をクリックすると、このようになります。

f:id:wasurenboubibouroku:20161022110804p:plain

 

ここでは拡張子が.cdrになっています。

ここで編集するのは「.cdr」の部分だけです。.cdrを.isoに手入力して.isoにしenterを押します。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022111034p:plain

 

.isoに編集し、enterを押すと下の画面のようになり「拡張子を”.cdr”から”.iso”に変更してもよろしですか?変更してしまうと、書類が別のアプリケーションで開かれてしまうことがあります」と出てきます。その右下に”.iso”を使用があるのでクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022111542p:plain

 

これでようやく無事に変更できました。デスクトップに表示されているので確認しましょう。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022111714p:plain

 

とりあえず、ここで一旦休憩しましょうwww

私自身も疲れてきましたwここからまだまだあるので、横になりましょうw

 

 Boot Campを使ってインストールして行きましょう。

 

まず、準備・購入していたUSBメモリMacにブチ込みましょうw接続ですねw

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021064314p:plain

 

そして次に、Finderからアプリケーションを選択しユーティリティをクリックー!

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022095554p:plain

 

クリックしてファイルを開くとBoot campアシスタントがありますのでBoot Campアシスタントをクリックして起動していきます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022113929p:plain

 

Boot Campアシスタントを開くと、下の画像のように表示されます。

なんか色々書いてあります…とりあえず読むのめんどくさいので、右下にある「続ける」をクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022114151p:plain

 

続けるをクリックすると。またなんかいろいろ書いてある…

 

とりあえず、この3つにチャックしてあることを確認し続けるをクリック。も

ともこの画面なので、チェックつけなくても大丈夫です。一応確認としてして3つチェックしてあるかだけを確認しましょう!

 

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022114229p:plain

 

続けるをクリックするとWindowsインストール用起動可能なUSBドライブを作成に移ります。

ここで確認することは、保存先ディスクが、最初にMac挿入したUSBメモリになっているかちゃんと確認しましょう。ちなみに私が使っているのはLaxarです。

 

保存先ディスクの確認が終われば、続けるをクリックしてください。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022133015p:plain

 

ISOイメージを選択して続けると最後の確認が行われます。今更ですが、保存先に大事なデータが入っていないと思いますが。USBメモリが初期化されるので、確認することをおすすめします。私はデータが入っていないUSBメモリを使用しましたので確認まではしてませんが…まぁ覚えてないぐらいだし大丈夫でしょうw

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022134243p:plain

 

続けるをクリックすると、選択したドライブをフォーマット中…と表示されます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022134618p:plain

 

ファーマットが終わるとWindowsファイルをコピーし始めます。ファイルコピーがめっちゃかかるんですよね。正確な時間は測ってないのですが、1時間半ぐらいはかかりましたよ。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022135403p:plain

 

タスクの状況 Windowsサポートフォフトを保存中…

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022135959p:plain

 

これが終わると、「Boot Campアシスタントが変更を加えようとしています。これを許可するには、パスワードを入力してください。」と表示されますので、ユーザー名とパスワードを入力してOKをクリックしましょう。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022135741p:plain

 

Boot Campを変更して加えると、Windows用のパーテンションを作成します。

 

ここで、個別のパーテンションを割り与える必要があるにで、

分割バーをドラックして調節するか、均等ボタンををクリックすることができます。

 

分割バーは、macOSWindowsの間にある小さい点みたいなやつです。

 

パーティションのサイズが決まったらインストールをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022141337p:plain

 

インストールをクリックするとパーティションを作成され始めます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022142007p:plain

 

 パーティションが作成され始めると、「Boot Campアシスタントが”起動ディスク”環境設定をロック解除しようとしてます。許可するにはパスワードを入力してください。」

と表示されますので

 

ユーザー名とパスワードを入力し、ロック解除します。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161022142738p:plain

 

 

ユーザー名とパスワードを入力し、ロックを解除すると、

 

やっとWindowsのインストール始まります。

 

おおおおこの画面見たことあるぞおぞぞぞちょっとテンション上がりまふねw

まだ終わっていないに、すんごく達成感にいっぱいだぞw

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024090257p:plain

 

次にWindowsセットアップを始めていますと表示されます!!

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024090756p:plain

 

 上の画像から下の画像に変わります。

 

ここで言語など項目を選択するのは、

 

  • インストールする言語(E)…日本語(日本)
  • 時刻と通貨の形式(T)…日本語(日本)
  • キーボードまたは入力方法(K)…Microsoft IME
  • キーボードの種類(Y)…日本語キーボード(106/109キー)

 

 

 

 選択し終わったら、次へをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024092028p:plain

 

 

次へをクリックすると、次は、Windowsのライセンス認証をしないといけません。

ここで必要になるのはプロダクトキーが必要になります。

 

入力して次へをクリックしましょう。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024093504p:plain

 

しかし私は、どこにプロダクトキーが書いてあるのかわからなく30分くらい探しましたwwww

まじで諦めてしまいそうになり、プロダクトキーきっとないんだと自分に言い聞かせましたw

 

もう本当に無理だと諦めかけた時、やっと見つけることができました。

 

プロダクトキー探すのに30分かかったよよお泣

 

 

下の画像の場所を削りゲットしましょうwwwww

まじ、こんなとこにあるのかよ、わかりづらいよと思いましたwwww

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024094535p:plain

 

 

プロダクトキーを入力すると次は、「インストールするオペレーティングシステムを選択してください」とポップが表示されます。

Windows 10 Homeを選択し次へをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024105850p:plain

 

 

次へをクリックし、ずらずらと書いてある…こんなの読んでられっか(^ ^)

めんどくさいので、適用される通知とライセンス条項に同意し、次へをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024110248p:plain

 

同意し、次へをクリックしたら、

Windowsのインストール場所を選択しなければなりません。

 

①→②→③ように進めば大丈夫です。①の時にはBoot Campを選択してくださいね。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024111229p:plain

 

①→②→③のように進むと、インストールするファイルの準備が始まったと表示されます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024111702p:plain

 

Windowsが再起動され、「デバイスを準備しています」と表示されます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024112652p:plain

 

 

バイスの準備が終わると、「すぐに使うことができます」と表示されます。

 

そして簡単設定を使うをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024112911p:plain

 

 

簡単設定をクリックすると、お待ちくださいと表示されます。もう待ってあげるよ。もう朝4時だよ?だけど待ってあげるよ…一緒に頑張ろPCちゃん

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024113256p:plain

 

少し待つと、Windows用のアカウント設定をしないといけません。

サクッと入力しましょう。しかしパスワードを忘れないようにしましょう。Windowsを起動した際にパスワードを入力しないといけませんので。

 

パスワード、ユーザー名を入力が終わったら、次へをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024113730p:plain

 

次へをクリックしたら「初めまして、Cortanaと申します。」と表示されます。

これは後でも設定できるので、後で設定しましょうww

今したい方はCortaneを使うをクリックしましょう。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024114836p:plain

 

「こんにちは」と表示されます。

いやいやいや、もう朝の4時だよ、どうしてくれんだよ。ナゲーよ。

せめて「おはよう」にしよw

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024114110p:plain

 

 

「ようこそ」と表示されます。はい。ども。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024115240p:plain

 

「準備しています。PCの電源を切らないでください」と表示さます。

切らないでって言われてるけど、ここまでやっておいて切らないよ…

 

メンタル鍛えててもまじでこれは、メンタルマジでえぐられるわwwwww

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024115607p:plain

 

Windowsは最新の状態に維持され、オンライン時のユーザーの保護に役立ちます」と出てきます。なんかよくわかんが、役立つらしい…ほとんどPCとかでyoutubeとかしか見てないけど、全然パソコン扱えてないけど。役立ってくれるなら嬉しいわww

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024120044p:plain

 

そしてやっと!マジでやっと!Windowsのデスクトップが表示されるおwまじでマジでMacで見ることができたぞまじで感動やw

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024120348p:plain

 

もうあと少しなので頑張りましょうwww

 

このウィザードに表示される手順通りに、Boot Campを簡単にインストールできるので、次へをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024120733p:plain

 

契約書に同意し、インストールをクリックします。いつも思うけど、これ読む人いるんかな?まじで謎なんやけどw

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024121011p:plain

 

 

Boot Campをインストール中選択されたプログラム機能をインストールしています。」と表示されます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024121424p:plain

 

Boot Campのインストールが完了すると、インストーラを終了するには「完了」をクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024121708p:plain

 

インストーラを終了したら、再起動しましょうwはいをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024122107p:plain

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024122200p:plain

 

 

再起動が終わればもう完了です!下の画像のようになります。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161024122350j:plain

 

 

最後まで、このブログを見ながら作業した皆さん本当にお疲れ様でした。

この苦しみはやった人にしかわからなでしょう。まじで長い戦いでしたわ、本当にお疲れ様ですんw

これは休みの日にしないとマジで無理だと感じましたw

もう3時間以上かかったような気がします。もっとかかったんかな…何時からしたか、あんまり覚えてない…

 

MacにWindows10のOSを入れることは簡単でしたね。しかし、結構な時間を使いました。しかし、Windowsのパソコンを買ったりするより、Boot Campを使った方がいいと思います。

 

もう一台買うとお金もかかるし、場所とるし、いいことはないですよねw実際何台もパソコンを持っていても使いこなせませんよね。そのパソコンも中途半端になるしw

 

初めて買ったPCがMacの人は、Windowsが使いにくいと思います。それだったらいきなり、Windowsのパソコン買うよりMacのPCにWindowsのOSを入れて少しずつ慣れた方がいいと思います。それで気に入ったらWindowsのパソコン買えばいいんじゃないかと!Windowsのパソコンは決して安くないしw

 

 

 

 

MacでUSBメモリを初期化(ファーマット)のやり方を画像で説明!

iMacWindowsのOSをインストールした際に

USBメモリを使用しました。

 

インストールが終われば、USBメモリは元どおりなんだと思い込んでました。

しかし…そんなことはありませんでした。クソォだりひ。

なんか色々めんどくさそうだったので、初期化しちまえと思い初期化することに決めました。

 

このブログは忘れん坊の私のためのブログなので、記録として画像で残したいと思っています。(ボク文章読むのダリ)

なので、画像通りに進めればできるようにしているのでよろしくおねがします。

文章読まなくていいので画像通りやって下さい!!

 

USBメモリは結構使う方も多いと思いますので、ブックマとかしてもらえると嬉しいですっ。

 

ではMacUSBメモリの初期化をやっていきましょう!!!!

10分もかからないと思いますので、忙しくても初期化できると思います。

 

MacUSBメモリの初期化手順

まずは初期化したいUSBメモリMacにブチ込みます。挿入します…あ

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021064314p:plain

 

そしたらこのように削除したいUSBがデスクトップ上に出てきます。デルぅ

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021065112p:plain

 

このようにデスクトップにファイルが出てきたらFinderを開きましょう。

アプリケーションをクリックして選択します。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021074447p:plain

 

アプリケーションのフォルダの中にあるユーティリティをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021074806p:plain

 

ユーティリティを開くと、ディスクユーティリティがあるのでディスクユーティリティをクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021090440p:plain

 

クリックをし確認してみると最初に挿入したUSBメモリが左カラム表示されます。確認がし終わった後、表示されているUSBメモリを選択してクリックして下さい。

 

私が今回初期化したいUSBメモリはLaxar  USB なので左カラムにあるLaxar  USBをクリックしました。ここでは、皆さんが使っているUSBメモリは違う表示をされていると思うので間違えないように確認して下さいね。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021091031p:plain

 

私が使ってるのはLeaxarなのでクリックをし、上部に表示された消去をクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021091501p:plain

 

消去をクリックするとこのよに表示されます。

  • 名前
  • フォーマット
  • 方式

 

名前はなんでもいいです。私は32GBって意味わかんない名前にしましたw

 

フォーマットは

Mac OS拡張(ジャーナリング

Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング

etFAT

MS-DOS(FAT)

 

 

が選べます。

 

今回私はMS-DOSを選択しました。なぜMS-DOSを選択しのかというと

MS-DOSを選択することによりWindowsでもMacでも使えるようになるからです。

 

WindowsMacを持っている方は両方使えた方がいいと思いますので、

MS-DOSを選んだ方がいいんじゃないかと思います。

 

方式はマスター・ブート・レコードを選択したら消去をクリックします。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021100105p:plain

 

”◯◯◯◯◯◯”消去して”◯◯◯”を作成中

ディスクをマウント解除中

と表示されます。

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021100415p:plain

 

最後に完了をクリックしたら終わりです!!!!

 

f:id:wasurenboubibouroku:20161021100604p:plain

 

Laxar USBFlash…の下に

32GBと表示されたので無事に完了しました!!!

おつかれっしたw

 

MacUSBメモリを初期化(ファーマット)のやり方を画像で説明!のまとめ

 

USBメモリを初期化する前にめんどくさいなとか思っていた人はいると思います。

私も、一番最初にUSBメモリを初期化する前はとてもめんどくさい、新しいの買おうかなと思っていましたwww

 

でも実際にやってみると10分もかかんないんで是非やってみてはどうでしょうか。

 

USBメモリの初期化を一回やってみたけど、

忘れそうだなと思う方はブックマークしてもらえると嬉しいです。